シーサケット×エストラーダ 試合結果・両者コメント

2018年2月24日(土) 日本時間2月25日

会場:米国 カリフォルニア州イングルウッド ザ・フォーラム

 

WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ
シーサケット・ソールンビサイ(王者)×ファン・フランシスコ・エストラーダ(同級1位)

 

 

【両者の戦績】

シーサケット(タイ)の戦績:49戦44勝40KO4敗1分

エストラーダ(メキシコ)の戦績:38戦36勝25KO2敗

 

 

 

【スポンサードリンク】


 

 

シーサケット×エストラーダ 試合結果

シーサケット○判定12R●エストラーダ

 

12R判定2-0(114-114,117-111,115-113)でシーサケットが勝利

シーサケットはロマゴンに続き、エストラーダにも勝利で2度目の防衛に成功

 

 

シーサケット×エストラーダ 試合展開

会場は完全にエストラーダのホーム。

シーサケット入場・紹介時は大ブーイング。

でもロマゴンに2連勝でシーサケットの入場にもオーラを感じます!

 

【1R】

エストラーダが足と左ジャブを使ってペースを掴みにいく。

一方のシーサケットは直線的に圧力を掛けボディを中心に強打を打ち込んでいく。

ラウンド終盤、エストラーダの右がクリーンヒットするがシーサケットも負けていない。

初回から激しい打ち合いで面白い試合になりそう!

 

【2R】

序盤、エストラーダが綺麗にワンツーを決めるがシーサケットも飛び込んで左を打ち込む。

エストラーダのテクニック、スピードはさすがだがシーサケットが打ち終わりで返していく。

シーサケットのパンチは踏み込みが鋭くよく伸びている感じでエストラーダがかわしたように見えても当たっていることが多い。

終盤、エストラーダのパンチでシーサケットが膝をつくがダウンは取らず・・・。

レフィリーはスリップ判定?ダウンに見えたけど違うのかなぁ。

シーサケットちょっと効いているようにも見える。

 

このペースならKO決着が濃厚か?

 

【3R】

シーサケットがボディを中心にうあく上下に打ち分ける。

エストラーダの手数はやや減ったのか?

フィジカルで勝るシーサケットの圧力でエストラーダが下がる場面が目立つ。

このラウンドはシーサケットが取ったとみていいと思う。

 

【4R】

このラウンドもシーサケットの前進が止まらない。

エストラーダもパンチを返すもののシーサケットの強打に下がらざる得ない場面が多い。

シーサケットは意識してボディを打ち込んでいる感じ。

シーサケット優勢。

 

 

 

【スポンサードリンク】


 

 

【5R】

このラウンドもシーサケットが圧力を掛けてエストラーダが下がる展開。

エストラーダ打つ手なしか?

シーサケットの攻めは単調なワンツーなんだけど踏み込みが鋭く(深く)捌くので精一杯か?

それとも打たせて攻め疲れを待っているのか?

強打が多く、共にスタミナは消費しているはずだが、決定的なダメージはまだ与えていない。

 

【6R】

試合の流れはシーサケットに行ってしまったのか?

お互い少しペースは落としつつも圧力でシーサケットが押し切っている印象。

エストラーダも手は出しているんだけどね。

 

【7R】

シーサケットは少し疲れたか?

圧力が少し弱まり、エストラーダのクリーンヒットが綺麗に入るシーンも。

エストラーダは足も使いうまくパンチを当てていく。

しかし、シーサケットは被弾しながらも前に出続け、ペースは渡さない。

ポイントはエストラーダか?

 

【8R】

序盤、シーサケットはペースを取り戻すべく強引に前進を続ける。

しかし、エストラーダも前半よりもうまく対応している印象。下がりながらもカウンターを当てていく。

中盤、シーサケットの左ボディが当たりエストラーダが後ろにひっくり返るかたちで転倒。

ダウンかと思ったけどレフェリーはスリップの判定。

まぁ、ボディで吹っ飛ばされることはないか・・・。

その後はどちらの強打もクリーンヒットし一進一退の攻防。

ポイントは割れそうだけどペース的にはエストラーダがやや挽回してきたという感じかな。

 

【9R】

普通なら徐々にエストラーダペースになるはずなんだけどシーサケットも前に出続けます。

疲れてスピードが落ちているんだけど強打を当てていきます。

ただ、シーサケットの被弾も増えてきたのでどこかでエストラーダが倒すかも。

そんな展開もありえるかも。

 

【10R】

エストラーダの動きが終盤とは思えないほど軽い。

そしてそれについていくシーサケット。共にすごいスタミナだ。

両者とも相当打たれているんだけどね。

 

中盤以降はシーサケットが攻勢にでる。

ワンツーで上下に打ち分けダメージを与える。

 

【11R】

シーサケットの前進がここに来て再び勢いを増す。

すごいスタミナ。打たれても手が止まらない。

エストラーダの手数も減らないがシーサケットが圧力で押し切ったか?

それにしてもすごい打ち合い。

 

【12R】

両者倒しにきてめちゃくちゃ激しい打ち合い。

どちらも全く引かないね。

このラウンドはエストラーダ優勢か?

 

再戦もあるかもね。

 

 

シーサケット×エストラーダ 感想

終始、強打の打ち合いでとても面白い試合でした!

倒れてもおかしくないクリーンヒットが互いに何発も入ってました。

判定はエストラーダのホームだったことを考えても妥当だったかなと思います。

(僅差だったと思うしドローでも驚かなかったけど)

 

シーサケットはロマゴン撃破で完全に自信をつけちゃいましたね。

攻めは単調にも見えるけど踏み込みの深さとフィジカルの強さで隙がない感じ。

エストラーダでも勝てないのであればしばらくは無敵モードでしょうか?

 

井上尚弥との頂上決戦が見たかったと思っている人も多いはず。

もう1試合限定でスーパーフライでやってくれないかなぁ。

 

でもその役目を比嘉くんに任せるのも盛り上がりますね。

シーサケットの無敵モードを止めるのは比嘉大吾か?

比嘉の連続KO記録を止めるのはシーサケットか?

そんな対決も胸踊りますね。

 

判定には異論はないけど私はシーサケットを応援していたので偏りがあるのかも。

皆さんはどう思いましたか?

 

 

勝者:シーサケットのコメント

タイの国民の支援に感謝している。

 

エストラーダは強かったが、私が勝ったと思った。

再戦してもいい。

スーパーフライ級で私は誰とでも戦う。

 

 

敗者:エストラーダのコメント

採点に納得していない。

ジャッジは何を見ていたんだ。

 

 

同日開催中、その他の試合結果

クアドラス●判定12R(2-0)◯アローヨ
12R判定でアローヨの勝利

ドニー・ニエテス◯TKO7R●ファン・カルロス・レベコ
IBF世界フライ級タイトルマッチはニエテスがTKOで防衛

ダラキアン◯判定12R(3-0)●ビロリア
WBA世界フライ級王座決定戦はダラキアンが判定勝ち

 

 

 

【スポンサードリンク】



 

 

ボクシング情報まとめⅡ 人気ページ

ボクシング情報まとめⅡ トップ

投票・閲覧が可能!アンケート一覧

管理人のオススメサイト&グッズ

ボクシング試合・テレビ日程一覧

海外ボクシング 記事一覧

気になる記事を探せます!記事一覧

ボクシング情報まとめⅡ お問い合わせフォーム

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ