井上尚弥×エマヌエル・ロドリゲス 試合結果・両者コメント

2019年5月18日(土) 日本時間19日早朝

会場:英国スコットランド グラスゴー

 

WBSSバンタム級トーナメント準決勝(IBF世界バンタム級タイトルマッチ)
エマヌエル・ロドリゲス(王者)×井上尚弥(挑戦者)

※井上のWBA王座はスーパー王座ではないため、統一戦にはならないそうです

 

【両者の戦績】

井上尚弥の戦績:17戦17勝15KO

ロドリゲスの戦績:19戦19勝12KO

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

井上尚弥 ×エマヌエル・ロドリゲス 試合結果

井上尚弥◯2RTKO●エマヌエル・ロドリゲス

井上が2Rに3度のダウンを奪いTKO勝ち

 

井上尚弥×ロドリゲス 試合展開

1R

さぁ、スタート!
1Rから目が話せない。共にオーソドックス。
井上の強さは何度も目の当たりにしてるがやっぱり緊張するぜ。。。
過去、欧州世界戦で日本人は20戦全敗、IBFの当日計量が不安要素だが井上尚弥ならやってくれるはず!

井上の立ち上がりは慎重、ロドリゲスがプレッシャーをかける。
ロドリゲス、特に臆する様子はない。
井上もジャブを出すがロドリゲスがうまく合わせてる。
井上にしては被弾してるかな。

ポイントはロドリゲス。

 

2R

井上がギアを上げてきた!ボディからワンツーをクリーンヒットさせる。
カウンターもヒットしていい感じ!
そして開始35秒、井上の左フックでロドリゲスダウン。

ロドリゲス立ち上がるも井上、すぐに右ボディで再びダウンを奪う。
ロドリゲス露骨に嫌な顔。軽く首を振ってるし。心折れてますな。

ロドリゲス、ヘロヘロで立ち上がるも再開後すぐに連打からの左ボディで3度目のダウン。
試合終了!

 

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

 

 

井上尚弥×ロドリゲス 感想

毎回のことですが『やっぱり井上尚弥、怪物だった!』
これしかない!

試合間隔、日本人全敗のヨーロッパ、IBFの当日計量など不安要素はありながらいつも通りの圧勝。
1Rロドリゲスが積極的に出てきて被弾もあり、アウェイのプレッシャーに飲まれたのかと一瞬ヒヤリとしました。
しっかりとした実力差で倒せたことは、今後も続くであろう海外でのビッグマッチでの自信にも繋がるかと思います。

ドネアは個人的には複雑。。。
スーパースターの彼を見てきたし、今でも大ファンなので。
もちろん、井上もドネア以上にファンですけどね。
結果は今日のロドリゲス戦と同じになると思います。
でも、試合後リングインしてきたドネアはスターのオーラありありでやっぱり格好良い!

何度も見返したくなる試合ですね。
(速報ではビビりながら見ていたので、プレッシャーをかけたロドリゲスのポイントと書きましたが、改めて動画を見ると井上はしっかりガードして中盤以降はボディやカウンターを当ててますね。普通に井上が取ってるかな。2Rは完全に見切って圧勝です!)

でもロドリゲスも強打の井上にビビらず、積極的に仕掛けていたのは印象的でしたし井上も相当警戒していたはず。
映像だけではわからない駆け引きや苦労はあったはずなので帰国後のインタビューやテレビ出演を楽しみにしたいですね。

 

勝者:井上尚弥のコメント

リング場でのインタビュー

(今日の試合について?)
常に平常心で戦おうという気持ちでイギリスに乗り込んできました。
その通り戦えてホッとしています。

(ロドリゲスは過去最強の相手だったかと思うが?)
ロドリゲスも初回プレッシャーをかけてきて、1R終了時にはどうなるか自分にもわかりませんでした。

(日本からたくさんの応援がきていましたが、今夜の会場はいかがでしたか?)
すごくホーム感を感じました。
たくさんの人が応援にきてくれて、グラスゴーが思い出深い土地になりました。

(決勝はドネアですがどう戦いますか?)
ドネアはキャリアもあって強い選手ですが、憧れていた選手なので戦えることが嬉しい。

 

試合後コメント

(第一声)
ロドリゲスがプレッシャーをかけてきて1ラウンドが終わって、どうなることか自分でも予測できない状況だった。
これまでにないくらいに力んだ。
キャリアのなさ。
初めての英国での試合の影響などもあった。

(1Rについて)
想定していた右のカウンター、返しのアッパーは、予測できる範囲ではありましたが、いい角度から打ってきたり、危ないタイミングもあった。
ただ、1ラウンド終わったところでも、感触的に負けはしないだろうという気持ちの余裕はあった。

(2Rについて)
ロドリゲスが予想以上にプレッシャーをかけてきたので、勢いづかせないために1回よりは重心を抑えて。気持ち的にはリラックスしていましたけど。

(ダウンを取ったときは)
効いているのはわかっていたので、いけるかなというのはありました。
(2度目のダウンの)ボディーはあえて狙っていきました。
1番効いたのはボディーですね。前回見た試合でも(ロドリゲスの)ボディーは強くないなと。
1回ダウンを取って、相手も上半身に意識がいっているので、そこで下にいきました。

(全体を振り返って)
自分もやっていてパンチが当たらない感覚はありましたし、逆にパンチも少しはもらいましたし。
楽しかったですよ。
それが2回で終わったというだけで。
試合が長引けば、お互いに緊張感がとけて、良さがでてきて、もっとボクシングとして面白い展開になっていくんじゃないかと、1ラウンド終わった時点で思っていたので。

 

敗者:ロドリゲスのコメント

我が同胞へ、勝利をもたらすことはできなかった。
言い訳の余地はない。
これまでにないトレーニングを積んできたのだから。
準備は最高だった。
我が陣営は自分たちの仕事をしてくれた。
自分の仕事をするまでだった。
素晴らしい雰囲気に感謝したい。
敗北は誰にとっても痛いものだ。
しかし、 我々は止まらない。
これが終わりでないのだから。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

ボクシング情報まとめⅡ 人気ページ

ボクシング情報まとめⅡ トップ

投票・閲覧が可能!アンケート一覧

管理人のオススメサイト&グッズ

ボクシング試合・テレビ日程一覧

海外ボクシング 記事一覧

気になる記事を探せます!記事一覧

ボクシング情報まとめⅡ お問い合わせフォーム

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ