比嘉大吾×モイセス・フエンテスの勝敗予想と戦績紹介

2018年2月4日(日)はWBC世界フライ級王者比嘉大吾の2度目の防衛戦です。

 

 

今回は比嘉や具志堅会長の故郷沖縄で行われるので気合いも相当入っている様子。

相手のフエンテスは16年大晦日に田中恒成に5RTKO負けを喫しているので比嘉は『それより早く倒したい』と意気込みを語っている。

 

 

地元凱旋、デビューから15連続KO(日本タイ記録)と盛り上がる要素満載の注目の一戦だが、気になることが1つ。

それはテレビ放送の有無。

 

 

これまでは村田諒太世界挑戦のセミファイナルとしてフジテレビ系列で中継されて来たが今回の世界戦は単独開催。

ボクシングファンからの評価は高い比嘉なので是非とも生中継して欲しいものです。

 

追記

テレビ放送予定あり!!

2月4日(日)20時−21時 フジテレビ

 

 

【スポンサーリンク】


 

 

比嘉大吾×モイセス・フエンテスの勝敗予想

まずは両者の戦績をチェック。

比嘉大吾:14戦14勝14KOBoxRecデータ 比嘉大吾

フエンテス:30戦25勝14KO4敗1分BoxRecデータ モイセス・フエンテス

比嘉大吾はご存知の通りデビューから全戦KO勝利、年齢も22歳と今とても勢いのある王者です。

 

 

フライ級王者として井岡一翔(先日引退)と比較されることも多いですが、14戦のキャリアでも『3階級王者井岡を倒せるのでは?』という声もあるくらいです。

 

 

キャリアが少ないだけに『強いけどまだ未知数』な部分も多いですね。

 

 

ちなみに井岡引退前の2017年10月に行ったアンケートはこちら

 

このときの比嘉の勢いと引退の噂も出ていた井岡なのでちょっと差がついた感じはあるけど。

まさか本当に引退とは。。。

 

 

一方のフエンテスは田中恒成戦前の評価はものすごく高かったんですけどね。

暫定を含め世界2階級を制している

ドニー・ニエテス(3階級王者)と1度引き分けている など

 

しかし、2016年大晦日の田中恒成戦での完敗、2017年の復帰戦で17勝15敗2分のララに敗戦(再戦で初回KO勝ち)。

衰えなのか、階級の壁なのか最近の戦績はイマイチ。。。

 

 

比嘉の不安材料としては、

減量(フライ級では毎回かなりキツいらしい)

記録・地元凱旋のプレッシャー

がありますが比嘉大吾有利で間違いないでしょうか。

 

私の予想は期待も込めて4RまでのKO勝ち

 

あなたの予想も教えて下さい。

 

 

比嘉には田中恒成、木村翔など日本人対決もしてもらいたいし、強豪揃いのスーパーフライ戦線にも絡んでいってほしいですね。

 

試合結果はこちら
比嘉大吾×モイセス・フエンテス 試合結果・コメント

 

 

【スポンサーリンク】


 

ボクシング情報まとめⅡ 人気ページ

ボクシング情報まとめⅡ トップ

投票・閲覧が可能!アンケート一覧

管理人のオススメサイト&グッズ

ボクシング試合・テレビ日程一覧

海外ボクシング 記事一覧

気になる記事を探せます!記事一覧

ボクシング情報まとめⅡ お問い合わせフォーム

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ