ザナト・ザキヤノフの戦績と対戦相手の質を徹底分析

ザナト・ザキヤノフがWBAバンタム級のスーパー王者のルーシー・ウォーレンを下して新王者になりました。

 

WBAバンタムのスーパー王座はモレノ以降、パヤノ⇒ウォーレン⇒ザキヤノフと安定しませんね。

ザキヤノフはまだ見たことないんですが、ずっと注目していて今回の王座挑戦も実は勝つんじゃないかと思ってました。

 

バンタム級には山中慎介がいますし、日本人ランカーも多い階級ですからザキヤノフについて調べてみました。

 

 

【スポンサーリンク】


 

 

ザキヤノフがずっと気になっていた理由

私がザキヤノフを気になっていた理由は単純で

ずっとランキング1位にいたから(笑)

 

バンタム級は山中がいることでランキング表を注意深く見ていたんだけど1年以上前からずっと1位なんですよ。

今でこそネットで海外選手の動画もすぐに見られますが、昔は相手の動画などなく専門紙のランキング表や結果だけでワクワクしてました。

だから今でもそういう選手は気になるんですよね。

 

未だにボクシングマガジンを買うと1時間くらいは平気でランクング表を眺めてますからね(笑)

ランキング表や勝敗などのデータだけでイメージを膨らませたりするのも楽しいですよ! (今は動画が見られるのであまりオススメしないけど)

 

そして事情通の人たちでも

山中の挑戦者としてザキヤノフは危険なランカー

と言っている人もチラホラ。

 

ボクシングのランキングって適当なところもあって、ずっと試合をしなくても上位ランカーだったりすることもあるんだけどカザフスタンというのも気になりました。

 

日本人はわりと世界挑戦しやすい環境(特に軽量級は)ですよね。

でもそうじゃない国は勝ち続けないといけないから初挑戦までの戦績が増えていきます。

 

そうなると、

  1. 国内でしか試合ができないから戦績だけ最強で井の中の蛙状態
  2. 強豪との生き残りレースに勝ち残った本当の強豪

のどちらかになる場合が多いです。

 

で、なんかザキヤノフは②のような感じがしたんですよ。

こればっかりは勘なんですけどね(-_-;)

 

 

 

 

【スポンサーリンク】


 

 

ザキヤノフの戦績は?

ザキヤノフはカザフスタンの33歳で戦績は28戦27勝(18KO)1敗。

 

敗戦は9年前の2008年にロシアのサキブ・ウサロフに判定で破れています。

このウアロフは未だに無敗(21戦全勝)で今も現役ですが4団体のランキングには入っていませんね。

2013年5月から2016年9月までの3年間でブランクがあるからその影響かな?

 

他に、有名な元王者をなどの特出した戦績はないようです。

 

2015年11月にWBA暫定王者の読んフレス・バレホに判定勝ちして王座獲得に成功。

暫定王者として1位にランクイン。

で、今回2017年2月10日にスーパー王者のウォーレンに勝利し王座統一。

  • 暫定王者でランキング1位・・・。

  • 正規王者ではなくスーパー王者と統一戦・・・。

  • 正規王者には5度防衛中のマクドネルがいる・・・。

WBAはよくわからんですね┐(´д`)

どこからツッコミを入れたらいいのかもわからないので先に進みますww

 

現状ある情報としては

  • ダウンを奪われる脆さがあるけど逆転で勝つことが多い
    (ウォーレン戦でも1Rに2度のダウンを奪われています)
  • カザフスタンでゴロフキンの同胞
  • トレーナーがリッキー・ハットン

というところでしょうか? ちなみにウォーレン戦は3月6日のWOWOWエキサイトマッチで放送されますよ。

今後の動向に注目ですね。

 

マクドネルは2016年11月に対戦したリボリオ・ソリスと再戦するとかしないとか・・・。

 

 

【スポンサーリンク】


 

 

ボクシング情報まとめⅡ 人気ページ

ボクシング情報まとめⅡ トップ

投票・閲覧が可能!アンケート一覧

管理人のオススメサイト&グッズ

ボクシング試合・テレビ日程一覧

海外ボクシング 記事一覧

気になる記事を探せます!記事一覧

ボクシング情報まとめⅡ お問い合わせフォーム

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ