マーロン・タパレス×大森将平 試合結果・両者コメント

2017年4月23日(日)

会場:エディオンアリーナ大阪

 

WBO世界バンタム級タイトルマッチ
マーロン・タパレス(前王者)×大森将平(6位)

 

 

【両者の戦績】

マーロン・タパレスの戦績:31戦29勝(12KO)2敗
⇒マーロン・タパレスの戦績と対戦相手の質を徹底分析


大森将平の戦績:19戦18勝(13KO)1敗
⇒大森将平の戦績分析とタパレスとの再戦予想

 

 

【この試合の勝敗予想アンケート結果】

投票は試合前日で終了していますので結果閲覧のみとなります。

 

【試合前日】

⇒タパレスが体重超過による王座剥奪と気になる今後のWBO王座

 

※結果は随時更新していきます!

テレビ中継より先に更新はしませんのでご安心下さい。

 

 

【スポンサードリンク】


 

 

タパレス×大森将平 試合結果

マーロン・タパレス◯11RTKO●大森将平

 

マーロン・タパレスが大森将平を11RTKOで返り討ち

タパレスは王座剥奪のためWBO世界バンタム級の王座は不在に

 

タパレス×大森将平 試合展開

【1R】

タパレスは減量失敗だけど動きはそんなに悪くない。

でもスタミナはないだろうから前半勝負かな。

 

大森は前回の恐怖心との戦いになるかな。しっかり防御も意識できています。

このラウンドは大きな差はなく終了。

 

【2R】

大森はガードを固めつつジャブを打っていきます。

タパレスはカウンターを狙う。

タパレスのカウンターからの攻撃が多彩でヒヤッとする展開もあるが大森も対策をしっかりとガード。

 

クリーンヒットはないが、大森の攻撃がいいペースで出ています。

 

【3R】

タパレスが積極的にジャブを出していきます。

少し戦い方を変えた模様。

 

大森はガードの意識は強いがタパレスが出てくるとまだ恐怖心があるか。

互いにカウンターがあたるので気が抜けない展開。

ポイントはタパレスか。

 

【4R】

このラウンドはタパレスもガードを上げているがより好戦的に。

大森は焦らずにガードを上げてしっかりと対応。

大森のボディがクリーンヒットするがタパレスもそれに併せてカウンターを当てる。

ポイントはタパレスかな。

 

 

【スポンサードリンク】


 

 

【5R】

タパレスはガードを上げて距離を詰めていく。

大森はしっかりガードをして上下を打ち分けて当てていく。

大森の右ボディがクリーンヒットでタパレスはダウン寸前。

タパレスは減量苦もありフラフラ。

完全に大森ペース。

プンルアン戦はここから逆転したからまだ油断はできない。

ポイントは大森。

 

【6R】

タパレスはラウンド開始から積極的に出る。

大森はガードをしっかりいてボディを当てていく。

この戦い方が続けばいずれタパレスはスタミナがなくなるはず。

 

しかし、タパレスのパンチもまだ死んでいない。

単発だがタパレスのパンチもクリーンヒットしている。

このラウンドのポイントはタパレス。

 

【7R】

大森がラウンド開始から勝負に出る。

一気にペースを取り戻しに来た。

強打が複数ヒットし、タパレスは再びグロッキーに。

 

しかし、タパレスが凌ぎきり再び攻勢に。

タパレス根性あるね。

大森はクリーンヒットをもらった様子はないけどフラフラしている。

スタミナ的に厳しいのか単発のパンチが効いているのか?

 

前半は大森。後半はタパレスでポイントは微妙。

 

【8R】

両者とも接近戦に出るが、自力ではタパレスが上か?

互角の打ち合いに見えるが徐々にタパレスが優勢に。

やはり一度勝っているタパレスの方が精神的に有利か。

大森も手を出しているが打つ手なしか。

ポイントはタパレス。

 

【9R】

大森はラウンド開始こそ奇襲をかけるが徐々にタパレスペースに。

タパレスに余裕が出てきたか?

しかし、どちらも明確なポイントはなし。でもタパレスかな。

 

【10R】

このラウンドは大森が前に出てタパレスがカウンターを待つ展開。

パンチのヒット・正確さはタパレス。

徐々にタパレスのパンチが捉えてついに大森がダウン。

 

一発によるダウンというよりも蓄積されたにダメージが大。

ラスト10秒はほぼ滅多打ちだがなんとかラウンド終了。

 

【11R】

ラウンド開始からタパレスがラッシュ。

ダウンは拒むもののレフェリーがストップで試合終了。

 

11RTKOでタパレスの勝利。

 

 

タパレス×大森将平 感想

大森にとっては最大のチャンスだったと思う。

前回のTKO負けから防御を意識してしっかりと対策を立ててきた様子が見れました。

しかし、タパレスを攻略するという点については攻め手に欠けていたのかな。

 

タパレスは減量失敗もあり、自信がなかったはずだけど戦うにつれて勝てることを確信し息を吹き返したようにも見えた。

前回同様、力負けという印象。

 

タパレスの減量失敗でだいぶケチがついてしまったのは残念ですがスーパーバンタム級に上げるようなので久保隼や小國以載との対戦も興味ありますね。

 

大森はもう一度国内からやり直しだけど、世界ランカーとして緩い前哨戦だけは避けてほしい。

日本王座や東洋太平洋王座、もしくはランカー同士のリスクある試合を勝ち抜いて強くなって欲しい。

 

井上拓真や松本亮などの世界ランカー、マーク・ジョン・ヤップ(東洋太平洋王者)、赤穂亮(日本王者)らと対戦して国内最強を証明してほしい。

⇒大森将平×タパレス(再戦)は妥当なマッチメイクだったのか?

 

勝者:マーロン・タパレスのコメント

 

 

敗者:大森将平のコメント

 

その他の試合結果

WBA世界フライ級タイトルマッチ
⇒井岡一翔×ノクノイ・シットプラサート 試合結果・両者コメント

 

 

【スポンサードリンク】



 

 

ボクシング情報まとめⅡ 人気ページ

ボクシング情報まとめⅡ トップ

投票・閲覧が可能!アンケート一覧

管理人のオススメサイト&グッズ

ボクシング試合・テレビ日程一覧

海外ボクシング 記事一覧

気になる記事を探せます!記事一覧

ボクシング情報まとめⅡ お問い合わせフォーム

 

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ