レイ・バルガスの戦績と対戦相手の質を徹底分析

長谷川穂積の引退で返上されたWBC世界スーパーバンタム級王座を獲得したレイ・バルガス。

 

『レイ・バルガスは世界王者になる』

『長谷川が世界王者になればレイ・バルガスが日本で見れる』

などと言われていたため、ずっと気になっていました。

 

こういう記事も読んでたしね。
レイ・バルガスやべえww強いww こいつは絶対覚えておいた方がいい。
※専門的な視点かつハッキリとした主張が新鮮でよく読ませてもらっているブログです!

 

2017年4月17日のエキサイトマッチでも登場しますのでレイ・バルガスについて調べてみました。

 

 

【スポンサーリンク】


 

 

レイ・バルガスの戦績と対戦相手の質を徹底分析

レイ・バルガスはメキシコの26歳で戦績は29勝22KO無敗です。

2017年2月に長谷川穂積が返上した空位のWBC世界スーパーバンタム級王座を同級2位のギャビン・マクドネルと争い2-0の判定で新王者になりました。

マクドネルといえば亀田和毅が思い浮かぶかもしれませんが、ギャビンは双子の弟です。

(亀田和毅が2度対戦したのはジェイミー・マクドネルです)

 

ちなみにレイ・バルガスはアマ経験も豊富で2007年には亀田和毅と対戦歴があり勝利しています。

アマチュアで124勝7敗の戦績ですが、オリンピックへの出場経験はありません。

 

ここ5戦の対戦相手の戦績を見てみると

 

ムニョス、エスキベルあたりは日本でもお馴染みですね。

29戦すべての戦績はこちらになります。 (レイ・バルガスの全戦績 by BoxRec

 

これまで非常に高い評価を受けてきましたが、ビッグマッチと言われる経験はまだないので未知数な部分も多いです。

 

スーパーバンタム級の他団体王者にはドネアを下したリゴンドーやマグダレノ、日本の小國以載や久保隼がいます。

 

WBCのランキングを見ても

ウーゴ・ルイス
(元WBC世界スーパーバンタム級王者 長谷川穂積、亀田興毅と対戦歴あり)

アンセルモ・モレノ
(元WBA世界バンタム級スーパー王者 山中慎介と2度対戦)

ランディ・カバジェロ
(元IBF世界バンタム級王者 山中との統一戦も噂されたが体重超過により階級アップ)

パウルス・アムブンダ
(元WBO世界バンタム級王者 亀田和毅と対戦歴あり)

ジョナサン・グスマン
(元IBF世界スーパーバンタム級王者 和氣慎吾、小國以載と対戦歴あり)

など知っている選手が並んでいますから今後の防衛戦も楽しみですね。

 

 

【スポンサーリンク】


 

ボクシング情報まとめⅡ 人気ページ

ボクシング情報まとめⅡ トップ

投票・閲覧が可能!アンケート一覧

管理人のオススメサイト&グッズ

ボクシング試合・テレビ日程一覧

海外ボクシング 記事一覧

気になる記事を探せます!記事一覧

ボクシング情報まとめⅡ お問い合わせフォーム

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ