ルイス・ネリーの試合結果と山中慎介との対戦予想

山中慎介にとってルイス・ネリーは驚異なの!?

 

2017年3月11日にWBC世界バンタム級1位のルイス・ネリーがヘスス・マルティネスに勝利しました。

 

ルイス・ネリーとは山中慎介のV13戦候補の1人で23戦17KOの22歳です。
(これまで年齢不詳でしたがだいぶ若いですね)

 

この試合はWBC世界バンタム級挑戦者決定戦として行われましたので、これで山中慎介への指名挑戦者になります。

 

2017年3月2日のカルロス・カールソン戦後、山中陣営もネリーとの対戦を示唆していますので可能性としては大きいのではないでしょうか。

 

まぁ、山中も試合が終わったばかりですし、ボクシングは交渉が予定通りいかないこともあるので決定するまではわからないけどね。

日本タイ記録が懸かるV13戦ですから、陣営だけでなくいろいろな人たちが関わりそうですし。

 

ただ、ネリーが次戦の有力候補であることは間違いないので挑戦者決定戦の様子を調べてみました。

 

 

【スポンサーリンク】


 

 

ルイス・ネリー×ヘスス・マルティネス結果

ルイス・ネリー×ヘスス・マルティネスの試合動画がYouTubeにアップされています。
(ソースが不明瞭なのでここでは紹介できませんが検索してみて下さい)

 

対戦相手のマルティネスはWBC5位のランカーで23勝1敗です。

 

マルティネスこれまでコロンビアのみで実績を積み、今回メキシコに初参戦。

地域タイトルの獲得歴はあるものの世界的な強豪との対戦はありません。

 

ボクシングニュースによると急遽マルチネスがWBC5位にランクインされたということでネリーを次期挑戦者にするための強引さもやや感じますが。

 

試合は序盤からネリーが優勢に進めてマルチネスが5R開始に応じずTKOとなっております。

 

ネリーはアグレッシブなサウスポーで連打が特徴です。

KO率も高いので一撃必殺なのかなと思いますがボディ打ちも多く、上下によく打ち込んでいます。

 

ただ、ガードが下がり気味なのと積極的にパンチを打ち込んでいくタイプなので打ち終わりを狙われて被弾もしていますね。

L字ガードで攻撃中心の構えになっている時間も長いです。

 

攻撃は比較的強引打ってガードをこじ開けていく感じで『うまい!』という印象はありませんが手数は多いですね。

 

4R終了時にダウンっぽくなっていますが結局倒したシーンは見られませんでした。

3R後半からはフィニッシュブローが何発も入っていましたけどね。

山中の左ほどの驚異ではなさそうです。

 

 

【スポンサーリンク】


 

 

山中慎介×ルイス・ネリーを予想する

最近の山中の傾向を見ていると、

『山中の強打を恐れずにガンガン前に出てくるパンチ』

をかわしきれていないのでそこは怖いですね。

 

もちろん相手が積極的に出てくれば山中にとっても倒しやすくなるのでモレノ2戦目やカールソン戦のような展開になることも予想されます。

 

それに山中もディフェンスの課題も目立ち始めましたが、ピンチに陥ったあとでも致命傷は避け、回復が早いという能力も見せていますから。

 

ネリーは戦績(23勝17KO無敗)としては十分脅威ですが今回は世界挑戦を視野に入れて勝てる相手を選んだという見方もできます。

 

ここでリスクを冒して、スリヤン、ソリス、モレノなど過去に山中が下した選手に圧勝したりすればより怖い存在になったといえますけどね。

今対戦すれば、ここ数戦同様危ないシーンはあるかもしれないけど最後には山中が勝利するのではないでしょうか。

 

皆さんは、どう思いますか?

 

試合結果速報
山中慎介×ルイス・ネリ 試合結果・両者コメント

 

 

【スポンサーリンク】


 

ボクシング情報まとめⅡ 人気ページ

ボクシング情報まとめⅡ トップ

投票・閲覧が可能!アンケート一覧

管理人のオススメサイト&グッズ

ボクシング試合・テレビ日程一覧

海外ボクシング 記事一覧

気になる記事を探せます!記事一覧

ボクシング情報まとめⅡ お問い合わせフォーム

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ