井上尚弥×河野公平を違った予想で見てみよう!

2016年12月30日に井上尚弥が河野公平とV4戦を行うことになりました!

 

この対戦は出来れば河野がWBA王者だったころに実現してほしかったですが、前王者としてブランクがほとんどない時期に実現してくれて非常に嬉しく思います。(コンセプションが負けちゃったから前々王者だけど)
ルイス・コンセプションが体重超過&大差判定で王座脱落

 

ワガママ過ぎる希望を言えば、コンセプション、エストラーダ、クアドラスあたりと対戦し2017年にラスベガスでロマゴン戦が理想でしたが、前同級王者の河野をしっかりと倒していくことは一般のファンへのアピールも含めて必要なのではないでしょうか?

 

河野公平との一戦は決して夢のカードではありませんが、日本人対決という以外にも楽しめる要素はたくさんありますので紹介していきます。

 

 

【スポンサーリンク】


 

 

井上尚弥×河野公平を楽しむために①

今回の試合を面白く見るためにまず抑えておきたいポイントは

『予想では圧倒的に井上尚弥が有利だということ』

この試合はこれから年末にかけて様々な専門家の予想を見ることになりますが、まず間違いなく全員が『井上尚弥の勝利』を予想するはずです。

 

井上尚弥も拳のアクシデントという不安要素はありますが、これまでの実績、勢い、年齢などを考えるとそれ以外の予想はありません。

 

しかし、ボクシングで予想はあくまでも予想。

 

相性、コンディション、ときには運によって番狂わせが起こることは珍しくありません。

 

事実、今年の世界戦を振り返っても

  • V11のスーパー王者の内山高志の早い回(2R)でのKO負け
  • 多くの専門家が不利を予想した長谷川穂積の3階級制覇

などがあります。

 

4月に内山高志が負けたときもモチベーションの低下は危惧されていましたが、あのような結果はほとんどの人が予想できなかったはず。

 

そして長谷川穂積×ウーゴ・ルイスは、全力で応援しつつも『奇跡を起きてくれ!』という心境で見ていた人も多いはず。
(私は普通に勝つと信じていましたよ!)

 

ですから予想はあくまで予想。

 

さらに河野は過去に衝撃の番狂わせを起こしています。
(2012年:テーパリット戦)

世間的にはどうだったかあまり覚えていませんが私的にはかなり衝撃でした。

 

そして番狂わせではありませんが2015年の亀田興毅戦も判定負けするかなと。
(これはごめんだけど)
亀田興毅×河野公平 試合結果・両者コメント

 

いずれにしても井上尚弥の圧倒的有利には変わりませんが、

『勝ちは最低条件で、今後に向けて勝ち方まで求められる井上尚弥』

『勝ったら大金星で負けても失うものがない河野公平』

という図式を頭に入れた上で観戦をすると面白いですよ。

 

そして河野は負けが多いイメージがありますが(9敗)KO負けは1度もないので、もし井上尚弥が早々に河野を倒してしまうことがあれば

『やはり井上尚弥は怪物!』

とインパクトを残すことが出来るのでそちらにも注目です。

井上尚弥×河野公平 試合結果・コメント

 

 

【スポンサーリンク】


 

 

井上尚弥×河野公平を楽しむために②

他にも井上尚弥×河野公平を面白く見るために知っておきたいことがあります。

それは河野公平がワタナベジム所属だということ。

 

井上尚弥はデビュー4戦目で河野の後輩、田口良一の日本王座に挑戦していますのでワタナベジムとしては井上尚弥の研究を1度はしています。

 

田口は負けはしましたが、井上尚弥相手に判定まで持ち込んでいますから田口のアドバイスを受けることが出来るんですね。
田口良一と井上尚弥の日本ライトフライ級タイトルマッチが熱い!

 

そして残念なことではありますが、4月に強さの象徴だった内山高志の敗戦を見ていますから

絶対王者が完璧なわけじゃない(負けることもある)

ということも身近で体験しているということです。

 

そう考えると必ず井上尚弥が勝つとは誰も言い切れない。

 

おそらく報道では、

井上尚弥が難なく河野公平を退ける

という内容になるはずですが、こういった視点を取り入れると面白いですよ。

 

それでも私の予想は井上尚弥の終盤KO勝ちですけどね。

 

ロマゴンやゴロフキンなどのスーパースターは圧倒的有利の状況で期待通りに圧勝しますから、スター街道を歩む井上尚弥にとっては必要な試練なのかもしれませんね。

 

そして私が井上尚弥のファンなのでどうしても偏った内容で書いてしまいましたが、36歳という年齢でしかも前戦の敗戦がある中、パウンド・フォー・パウンド上位の井上尚弥との試合を即決した河野公平にも感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです。

 

互いに悔いのない試合にしてもらいたいです。

 

 

【スポンサーリンク】


 

ボクシング情報まとめⅡ 人気ページ

ボクシング情報まとめⅡ トップ

投票・閲覧が可能!アンケート一覧

管理人のオススメサイト&グッズ

ボクシング試合・テレビ日程一覧

海外ボクシング 記事一覧

気になる記事を探せます!記事一覧

ボクシング情報まとめⅡ お問い合わせフォーム

 

 



One Response to “井上尚弥×河野公平を違った予想で見てみよう!”

  1. パウンドまん より:

    ボクシングを深く、多角的な視点で見ている点にリスペクトします。
    井上vs河野 言われる通りだとおもいます。世間的には井上の
    圧勝で安易なマッチメイクの様に思われているかも知れませんね。
    私は河野のアグレッシブな試合運びと雑草の様に大成したところが好きです。(今や美人妻を娶り 一定の評価をうけているので雑草ではないですね) この試合、一度は河野のストレートが「井上」にチンにヒットし
    一泡拭かせる事と密かに期待しています。結果はともあれ・・。
    井上は間違いなく100年に一度の傑物です。 パッキャオと身長さ2cm
    なのでライト級まで制覇可能と思います。 井上にはタイトル保持に汲々としないで世界の井上、日本のパッキャオになって欲しい。でないとクリスジョンや内山の様になってしまう。 良い試合を期待!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ