ミゲール・コット×亀海喜寛 試合結果・両者コメント

2017年8月26日(土) 日本時間:27日(日)

会場:米国 スタブハブ・センター

 

WBOスーパーウェルター級王座決定戦
ミゲール・コット×亀海喜寛

 

 

【両者の戦績】

ミゲール・コットの戦績:40勝33KO5敗

亀海喜寛の戦績:27勝24KO3敗2分

 

この試合の勝敗予想アンケートの結果はこちら
ミゲール・コット×亀海喜寛の勝敗予想と戦績紹介

 

 

※同日に行われるメイウェザー×マクレガーの試合結果速報はこちら

WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチ
レイ・バルガス×ロニー・リオスは12R判定3-0でバルガスの勝ち

 

 

【スポンサードリンク】


 

 

ミゲール・コット×亀海喜寛 試合結果

ミゲール・コット○12R判定●亀海喜寛

 

コットが12R判定(3-0)で新王者に。亀海は世界初挑戦に失敗。

判定は120-108 119-109 118-110の3-0

 

 

ミゲール・コット×亀海喜寛 試合展開

【1R】

両者好戦的な立ち上がり。

コンディションが心配されたコットも動きは良さそう。

コットは足を使うが亀海は身体を寄せて追いかけていく。

亀海のボディがよく当たるが、コットのパンチもヒットします。

 

ポイントは互角。
(解説の西岡さん、飯田さんは亀海のポイント支持)

 

 

【2R】

亀海は身体を寄せてパンチを打ち込む。

前半からかなり飛ばして倒しにいく。

亀海は非常にいいが、やはりコットもうまい。守勢ながらも的確にパンチを返していく。

亀海は鼻から出血。

 

いい打ち合いだがポイントはコット。

 

 

【3R】

亀海が圧力をかけていくけどコットのテクニックが上回る。

貪欲な圧力でコットを諦めさせることができるか。とてもいいプレッシャー。

パンチのヒットはコットだが流れは悪くない。

 

ポイントはコット。

 

 

【4R】

コットはロープに詰まりながらも手が止まらない。

亀海は捨て身で圧力をかけていく。走ってコットにプレッシャーをかけていく作戦を徹底。

しかし、ヒット、テクニックはコット。

 

ポイントはコット。

 

今はコットのペースだが、コットのスタミナが落ちればチャンスもあるはず!

 

 

【スポンサードリンク】


 

 

【5R】

コットはクリンチ、プッシュが増えてきたが離れぎわのテクニックはすごい。

クリーンヒット数に明確に差が出てきた。

ただ、亀海もスリッピングアウェーなどでダメージは減らしている。

しかし、見栄えは良くない。

 

ポイントはコット。

 

 

【6R】

コットは手数が止まらない。

亀海の被弾が増えてきた。プレッシャーはかけてるんだけど・・・。

 

コットのスタミナは落ちてこない。

ポイントはコット。

 

 

【7R】

亀海は相打ち覚悟だけど、なかなかパンチが当たらない。

体格は亀海が上回っているのにコットのテクニックが勝る。

 

でも亀海は動きを止めない。ダメージが蓄積されてきたか。。。

ポイントはコット。

 

 

【8R】

コットにパンチが当たらない。逆にコットのパンチがヒットする。

まだまだ亀海の気迫はすごいけど・・・。

 

コットが足を使って余裕が出てきてしまった。。。

ポイントはコット。

 

 

【9R】

亀海のプレッシャーは相当強いけど、コットはパンチを当てさせない。

亀海もパンチはかわすが見栄えはよくない。

そして回転数、ヒット数でコットが上回る。

 

ラウンド終盤、今日イチのヒットで亀海が被弾。

ポイントはコット。

 

 

【10R】

亀海のボディは当たっているが、コットの顔面への細かいパンチが上回る。

亀海のディフェンスは会場を沸かすんだけど、何せパンチが当たらない。

 

亀海としては一発逆転しかないんだけど・・・。

ポイントはコット。

 

 

【11R】

亀海は捨て身の猛ラッシュ。

しかし、コットが足を使ってさばいていく。クリンチもうまい。

 

コットはボディを嫌がっているので勝機がないわけじゃない。

しかし攻めきれない。そして有効なパンチをコットが放つ。

 

ポイントはコット。

 

 

【12R】

亀海は倒すしかない。走ってコットに向かっていく。

テクニックで負けても亀海の前進は止まらない。

 

亀海の根性・スタミナは脱帽だけど、それを完璧に上回ったコットはやはり強かった。

 

 

ミゲール・コット×亀海喜寛 感想

亀海はすごいこと(対戦を含めて)をやってのけたけど、完全にコットが上回ってましたね。

前半は『一発当たれば・・・』という期待もあったが、それをさせないコットの強さがあった。

 

予想通りといえばそうだけどこんなに差があるとは・・・。

コットのコンディションにも脱帽でした。

 

この亀海の挑戦は日本ボクシングにとって非常に意味のあるものだったと思う。

この一戦に全てを注いできたはずなので、次はわからないがこの経験を活かして王座を取ってほしい。

 

 

勝者:ミゲール・コットのコメント

全力を尽くしました。とても嬉しいです。

亀海はタフだったので最後(判定)まで行くと思っていた。

 

今年いっぱいで引退します。もう十分戦いました。

12月にもう一試合して引退です。

 

(相手を選べるとしたら誰とやりたい)

フレディ・ローチ(トレーナー)に任せます。

 

 

敗者:亀海喜寛のコメント

偉大なファイター(コット)と戦いましたが、俺はただただ勝ちたかったんです。

本当に欲しかったのは勝利なので。

 

まだまだ強くなって戻ってきます。

 

 

※同日に行われるメイウェザー×マクレガーの試合結果速報はこちら

WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチ
レイ・バルガス×ロニー・リオスは12R判定3-0でバルガスの勝ち

 

 

【スポンサードリンク】



 

 

ボクシング情報まとめⅡ 人気ページ

ボクシング情報まとめⅡ トップ

投票・閲覧が可能!アンケート一覧

管理人のオススメサイト&グッズ

ボクシング試合・テレビ日程一覧

海外ボクシング 記事一覧

気になる記事を探せます!記事一覧

ボクシング情報まとめⅡ お問い合わせフォーム

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ